【第4回】日本プロジェクトマネジメント大賞(2015年) 結果

大賞:超小型衛星TSUBAMEプロジェクト

受賞式の様子

(左から、ピーエムグローバル代表木暮、東京工業大学大学院 松下様、古賀様、栗田様)

選考基準

以下の基準で総合的に判断し、大賞を選考いたしました。

1.社会への貢献度
2.想像力に富んだプロジェクト推進とその成功
3.プロジェクトメンバーの熱意


大賞プロジェクトのご紹介

今回の大賞に輝いた超小型衛星TSUBAMEプロジェクトは、基礎技術の実証や宇宙の起源解明などのミッションを掲げ、学生による超小型衛星打ち上げを達成しようとするものでした。選出の上で特に評価された点は以下の通りです。

1.創意工夫があり、かつ意欲的なプロジェクトの推進を行ったこと
 •プロジェクトマネジメントの手法を手探りで見つけ、それを実践してきたこと
 •3団体の共働体制をうまくまとめつつ、開発の効率化を実現したこと
2.実際に打ち上げ成功し、目標を達成したこと
3.優秀かつ熱意ある学生が主導するプロジェクトであること

すばらしい才能をお持ちのエンジニア集団のプレゼンと懇親会でのお話に、弊社メンバーも感銘を受けたことは言うまでも有りません。将来の日本の科学技術発展を担うであろう若き才能に、今後もピーエムグローバルが貢献できれば光栄です。

プロジェクトの詳細はこちら

受賞者のコメント

第4回日本プロジェクトマネジメント大賞をいただき、チームメンバー一同、大変感謝しております。超小型衛星TSUBAMEプロジェクトとは、地球・天体観測の技術実証をミッションとした、大学生による50kg級衛星の研究開発プロジェクト です。宇宙プロジェクトの初めから終わりまでのミッション創造・開発・打上げ・運用を自分たちの頭で考え、手を動かして進めていきます。もちろん、学生だけでは本物の衛星をつくりあげられず、支えてくださった大学・企業・アマチュア無線家さんなど多くの方々に感謝いたします。これからは、本プロジェクトでできたこと・できなかったことを整理して発表し、次の宇宙プロジェクトに挑戦することで、微力とはいえ理工学の発展に貢献する所存です。